Set Position ときどき Windup

27歳からアメリカ留学3年半
―フリーとして生きる日々の記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
32 years old
寝返りが打てるようになりました。

階段が交互に1段ずつ下りられるようになりました。


えー。
育児日記ではありませんよ。
れっきとした32歳の日常です。

左脚の付け根、まだ違和感はあるものの完治も近いです。
明日、あさってには完全復活できそうです。

治ってきたら今度は積極的に動かしてください、とカイロの先生より。

留学時代の友人(9個下)より「もう年なんだよ」と一刀両断されまして。
若干抗ったものの、すぐに「そうだね…」と納得。

1時間走を2回やっただけで河口湖1周マラソン27kmを走り切れてしまった
20代半ばのころの身体ではないですね。繊細なメンテがいるのだという
自覚を持たせてくれるよい機会になりました。
| TOSHI | 2011の見た・読んだ | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Left leg
筋肉の炎症で全治早くて3日、長くて1週間、という診断でした。
骨盤もかなりずれており、左側だけ合わせてもらいました。

今朝は寝返りを打てないことで発生した腰痛で起床。
痛いのは左の脚の付け根の外側ですが、痛くない方の右脚を下にして
横向きになろうと体を動かすと左脚の筋肉も引っ張られて激痛が起こるんです。

カイロの先生に飲んでくださいと渡されたアミノ酸を飲んで、
スポーツ用のアイシングに氷を入れて15分アイシングしたあと
1時間おいてまたアイシング、を繰り返しました。

何が悲しくてクリスマスイブにひょこひょこ歩きながら
うつ伏せになってお尻付近にアイシングをして
じっとしていなきゃいけないんですか!まったくなんでこうなるかなー。
トクホンもはっていたので薬品臭いし。

うむむー。
とりあえず来年は普通に動ける体でいたいですね。。

と、ここでPerfumeの氷結CMが流れました!テンションアップ!
| TOSHI | 2011の見た・読んだ | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -
terrible pain
23日は今月家から出る用事のない初めての日。

このブログ上でも宣言したように、年賀状の元旦到着を目指して
「今日は年賀状をやる日!」と意気込んでいたのですが…

22日の夜から腰と左脚の付け根に激痛が襲い、まともに動けなくなりました。
カイロの先生に急きょ明日(24日)診てもらうよう電話。。
座ってられない上にどんな体勢を取っても痛くて、トトロのメイちゃんみたいに
階段は一段ずつ降りる始末。痛みに耐えるのがきつかったです。

今はバファリンを飲んでいるので痛みは消えていますが、
まだ触ったりちょっとでも普通に動かそうとしたりすると痛いです。

22日のサッカー教室アシスタントバイトで、
先生(2人)vs子ども(10人以上)という試合を2本、合計30分近くやって
かなりの運動量だったのがおそらく原因なのではないかと。

その後の塾バイトへ行くときはなんともなかったのに、22時30分頃くらいから
痛み始めて帰宅する頃にはまともに車から降りられませんでした。
サッカーを終えてから5時間後に痛み始める。なんでしょうね。
肉離れと似た症状じゃないかなと思うのですが、
こんなに時間差のある肉離れってあるんですかね。

年賀状プラス、あわよくば美容院に行ってさっぱりして原稿を書く予定が、
あーもー全然できず。家でいろいろやろうとしていた日に限ってこうなるのです。
眠くないのに薬飲んで寝っ転がってるなんて拷問以外の何者でもありませんでした。

そんな私を爆笑する親。「難儀な子じゃ!」と笑顔で一言。
10月は喉潰して声出なくなりましたからね。健康には十分注意しましょうー。
| TOSHI | 2011の見た・読んだ | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Game variations
今年の体操教室のアシスタントバイトが終わりました。

クリスマス会だったので体操はせず。
各自300円以内のプレゼントを持参し、4チームに分かれて
勝ち点制のゲームをして1位のグループから好きにプレゼントを
選んでいくという形式でした。

ゲームは運動系のものから、頭脳系のもの、集中系のものなど
いろいろなバリエーションがあってすごく勉強になりました。
男女や高学年と低学年で差がでにくいゲーム内容で、
ゲームの順番もきっと意図があるんだろうと思いました。

最初はじゃんけんを使った動くタイプのゲーム。
次に各チームで手をつないで1列をつくり、つないだ手を離さずに
列の最初の人から最後の人まで輪っかを移動させていくゲーム。
1チームは9〜10人の男女、学年混合なので、列を作るときは
高学年と低学年は交互に並んでいました。年上の子がうまくヘルプしてました。

次は動きのないゲームが2つ。
高学年と低学年が混ぜ混ぜの3〜4人の小グループを各チームで作り、
新聞紙1枚とペン1本を配る。先生が指定したひらがな1文字(カタカナもOK)を
制限時間内にできるだけたくさん探して○印をし、その数の合計を
各チームで競うというゲーム。新聞は裏面も活用。
「カタカナはいいのー?」と聞いてくるグループが必ず出てくる。
説明をちゃんと聞いてるかも試される。この時点で時間のロスですよね。

5×5マスの用紙を配って、ランダムに1〜25までの数字を記入。先生が
読み上げた数字に○をつけて3ビンゴ先にできたら勝ちというビンゴゲーム。

最後はリレー形式のゲーム。
指定されたひらがな1文字をホワイトボードに制限時間内にどれだけ書けるか
を競うゲーム。各チーム高学年と低学年が交互に並び1列を作る。
1人20秒でとにかく速く(早く)たくさん書けるかが勝負。
汚かったり、途中だったりした字はカウントしない、というルールです。
これはかなり盛り上がりましたね。もう消さずにバンバン書くのがコツです。
低学年の子はどうしても少し書くスピードが遅いので、高学年が間に入ることで
スピード感のメリハリが最後までしっかり付いていました。

いくつか必要な道具はいりますが、何か企画したり指導したりする
立場にいる人はぜひ参考にしてみてください。
| TOSHI | 2011の見た・読んだ | 02:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
The end of second semester
小中学生の2学期が終わるまで1週間を切りました。

8月から塾講師のバイトを始めて5ヶ月。
生徒自身の「わかった!」や保護者からの
「凄くよくわかったと言っています」という言葉を聞くたびに、
ものすごくやる気が出てきます。この子の潜在能力を
最大限まで引き出してあげたいと、心底思います。

成績が上がれば万々歳ですが、
私が究極的に目指していることは
「学校教育を終えても勉強し続ける人になる」ことです。
何かを知ろう学ぼうとする楽しさ、「好き」を自分でつかんでほしいんです。
できることなら英語には生涯触れていてほしいなと思います。

そのきっかけを、
私と交わす言葉であったり私の姿勢であったり考え方であったり、
問題が解けたうれしさであったり、塾に来ることの楽しさであったり、
そういうものを通して小さくてもいいからつかんでほしいなと願っています。

人見知りのくせに目立ちたがり屋という三谷幸喜タイプな私なので、
「そーいえば、中学時代におもしろい塾の先生いたなー」って
思い出してほしいという下心もあります(笑)
かつて10代の私に多大な影響を与えた恩師たちが投げてくれたボールを、
今度は私が下の世代に投げたいと思います。
| TOSHI | 2011の見た・読んだ | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ